民家へイタチが侵入したら撃退すべき|様々な被害を受けてしまう前に

害獣化する野生動物

鼬

民家に侵入して害を及ぼす

近年は宅地開発などによって山林が伐採され、行き場を失った野生動物が結果的に害獣化してしまう例が増加しています。イタチもそんな動物の一種です。イタチはイタチ属に分類される哺乳類の総称で、毛皮で有名なミンクや、ペットとして人気があるフェレットなどもこの仲間です。日本に棲息している種のうち、人家の近くでも見かけることが多いのは在来種のニホンイタチと外来種のチョウセンイタチです。イタチは雑食性のため、生ごみをあさったり、ペットや家畜を襲ったりします。また、天井裏などに侵入し、断熱材を引き剥がして巣を作ったりします。イタチは動きが素早く、性格も攻撃的です。棲みつかれても自力で駆除するのは簡単ではありません。そのため、最近は専門の駆除業者が人気を呼んでいます。

自分でできる対策もある

イタチ対策として自分でできるのは、捕獲するのではなく撃退することです。家に近づけない、万一侵入されたら追い出す、この2つが基本となります。イタチの撃退に大きな効果があるのが、忌避剤です。小動物専用のスプレータイプあるいは固形タイプの製品が市販されており、動物が嫌がるニオイを発します。ホームセンターなどで手に入る木酢液やクレゾール石鹸液なども効果があります。天井裏などに棲みつかれた場合は、煙で追い出すのも有効な撃退策です。害虫駆除用の燻煙剤がそのまま使用できます。こうした手段を講じても撃退できない時は、専門業者に捕獲を依頼することになります。イタチの捕獲は時期によっては自治体の狩猟許可が必要なため、プロに一任するのが得策です。

困る人

自らアシナガバチを退治

アシナガバチは殺虫剤に弱いと言う特性があることから、安全に気をつけた上で自分たちでアシナガバチの巣を駆除するという人もいます。アシナガバチの巣を駆除するにあたって、専門業者に依頼するとどうしても費用がかかるため、完全に駆除できるのであれば自分たちでアシナガバチを退治する人が多いです。

散布作業者

スズメバチの被害を抑止

スズメバチ駆除は、付近一帯の安全を守るためにも利用されている専門サービスです。すぐに対応が受けられるため、問題が早く解決します。大手の専門業者では、クレジットカードでの料金の支払いも受け付けます。この場合には、分割払いが出来るため料金が上がった時でも安心です。

蜂の巣

どうすればいいか

蜂の巣は大きくなると活動がより活発化し、大人も子供も襲われるリスクが増えてしまいます。技術を伴った素人なら防護服を借りて駆除もできますが、危険性を考えると専門の業者に頼んで駆除してもらう方が最良です。

このエントリーをはてなブックマークに追加